人生とは

6月20日になくなった恩人の葬儀へ出られなかったので、自宅へうかがいました。
歳も歳なので、いつかはと思っておりましたが、やはり予期しないタイミングで人は亡くなります。

不祝儀袋をスーパーで買い、ご霊前 〇〇〇〇 を筆書きしてもらいます。

一度訪れたことがある場所ですが、ナビに目的地をセットして向かいます。
アレ、こんなに近かったっけ。
自分の中での距離感と実際の距離が違う気がしました。

こんなに近ければ、もっと遊びに行けばよかったかな・・・・・などと思ってしまいました。

遺族の方とお話をしたのですが、故人も 「うんうんと頷いてますよ。」 とおっしゃって、遺影をみたら本当にそう思えました。
人生かくありたいとおもいましたが、それは自分次第。
心は折れかかるどころか、常に折れまくっているわけですが、その都度接着剤で直してきたような状態です。つぎはぎだらけの人生 ですが、今日から一日一日歩みを進めていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

うみの杜水族館

次の記事

大雨