スバル ステラ


6ヶ月点検でディーラーに行きました。
多分、加速不良の件はわからんだろうな・・・・
でも、以前ハイオクブレンドしていたとき、意味ないかもしれないから、やっぱレギュラー 100%に戻そうって、実行したときに発生していたような気がします。
油種がかわって燃調が狂ったからなのでしょうか?
頻繁に油種を変えるのはよくないかもしれません。
レギュラーでいくなら、ずっとレギュラー。ブレンドするなら比率守って、ずっとそのままとか・・・

んなわけで、インプレッサを預けている間に借りたのがステラの新車です。
軽でNAとはいえ、412Kmしか走っていないバリバリの新車。いいんでしょうか借りちゃってw。
乗ってすぐに感じたのは、やっぱ軽だな。
あたりまえですが、ちょい踏みで加速するほどパワーはありません。
流れを妨げず、安全に合流するにはグワっと踏まないといけないです。

中身はムーヴですが、ホイールとかロゴの意匠はスバルです。

電子ウィンカーは、慣れないせいか車線変更後に戻そうと反対側に操作すると、反対側が点滅し、これには焦りました。取り説を読むと、半押しぐらいで軽く反対側に操作するとよいようです。
通常はハンドルの切れ角に応じて勝手にもどるのですが、戻らないときもあるので、その場合はチョン押しする必要があります。
てか、そもそも車線変更時にチョン押しで光らせればいいだけなんですが、右左折時のときと同じく、強く操作してしまうと、車線変更終えても、ウィンカーの点滅が消えないときがあるんですよ。
戻す方法わからなくて、マジ焦った。
操作感覚としては、普通のウィンカーが好きです。かっちりと戻りますから。

感心したのはエンジンのスムーズさ。ヒュイーンっていう音ががさつでなく、回しても苦痛ではありません。エアコンもよく効きます。今日は37度だっけか。猛暑です。
パワーモードというのがハンドルの右側にあったので、当然 ON です。
シフトでSモードにするのもあって、パワーモードとの併用もできるようです。


 NA 4WD CVT 猛暑での エアコン使用  という、この上なくもっさりする組み合わせでしたが、回すの躊躇せず4000回転まで引っ張れば、コンパクトカークラスにはひけをとらない加速になりました。NAでこれだから、ターボがあれば、普通車となんら遜色ないだろうと思いました。
60Km 巡航の回転数は 2200回転ぐらいでしょうか。
でも、ちょっと強めにふむと、すぐに 4000回転に飛び込みます。
こいつは、タコメーターがあるので回転数がわかりますが、ない車種だとわからないので、エンジンの負担を把握できません。


あと、スマートアシストII という、アイサイトっぽい機能がついてますが、まあ余りあてにならんだろうと思います。このシステムそのものの出来もそうですが、4輪ディスクブレーキじゃないので制動力が不足しているように思います。 速度差がごく小さいときは止まれるかもですが。


燃費はやっぱりインプレッサよりはいいですが、流れを妨げないまともな加速をした運転方法であれば、カタログ燃費を出すのは至難のわざでしょう。
写真は流れのよい国道巡航と街中を半々ぐらいで走ったときの燃費です。

ダイハツが作って、STI がチューンとか、あるとうれしいな。 でもないだろうな。 出たら買うだろうか。 2台持ちは贅沢だし。 でも星のロゴの軽自動車が売れてほしいです。

点検終えてインプレッサに乗り換えましたが、やっぱいいな。 ぜんぜん違うっす。
結局、デフオイルの交換と洗浄剤の注入だけでしたが、コンピューターに異常とか記録されてなかったんで、そのまま様子見ることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

オイル交換二回目

次の記事

燃費とか・・・その2